カフェイン

カフェインの効果と副作用、無水カフェインの危険性を説明し、安全なノンカフェインや天然カフェイン(ガラナ)入りのエナジードリンクを紹介します。

エナジードリンクに使用されるカフェインには、大きく分けて「化学無水カフェイン」と「有機カフェイン(天然ガラナエキス)」があります。このページでは、化学無水カフェインについて紹介します。有機カフェインについては「天然ガラナエキス」のページをご覧ください。

化学無水カフェインの効果と副作用

化学無水カフェインの効果

◆覚醒

大脳皮質を刺激したり、脳内の睡眠物質(アデノシン)の作用を妨害したりして眠気を妨害。また、覚醒作用を引き上げる効果も確認されています。

◆疲労解消

脳の働きを活性化させて神経機能を高め、疲労解消や集中力を高める効果があります。

◆鎮痛

脳の血管を収縮させる働きを持つため、頭痛などの鎮痛に効果があります。途中で化学無水カフェインを切らすと再度痛みが生じるため、少しずつ減らしていきます。

化学無水カフェインの副作用

◆貧血

鉄分の吸収を阻害するため、貧血になりやすくなります。特に鉄分不足による貧血に悩む女性は、食事の前後のカフェイン摂取は控えたほうが良いでしょう。

◆胃が荒れる

カフェインには胃液の分泌促進作用があります。とくに空腹時にカフェインを摂取すると、過剰な胃液によって胃壁を荒らされる可能性があります。

◆胎児の発達障害等

胎盤への血流量が減少するため、胎児へ届けられる酸素、栄養素の絶対量が減ります。妊婦のカフェイン過剰摂取は、胎児の発育に影響を及ぼすばかりか、最悪の場合、死産の恐れもあります。

化学無水カフェイン豆知識

  • 食事の15分程度前にカフェインを摂取すると眠くなりにくい。
  • カフェインの覚醒効果は8時間~14時間続く。
  • カフェインには脂肪燃焼効果もある。運動前に摂取するのが効果的。

化学無水カフェインの危険性

◆身体のみならず精神にも悪影響があります

化学無水カフェインの過剰摂取は、視力、聴力、また精神に悪影響を及ぼすことが報告されています。現在、多くの栄養ドリンクなどに化学無水カフェインが含まれているので、過剰摂取や常飲には注意したほうが良いでしょう。

◆死に至ることもあります

化学無水カフェインには神経性毒も含まれています。一度に5000mg~10000mgのカフェインを摂取すると、死亡する場合もあります。

◆頭痛が悪化する場合もあります

化学無水カフェインを含有する頭痛薬を服用し続けると、脳過敏症候群と言われる症状になり、頭痛が治まらなくなる可能性があります。

化学無水カフェインを含まない安全なエナジードリンク

レアルパワー

天然由来のガラナエキスを配合。心身の高揚、集中力、そして体の健康面と活性化に配慮されたエナジードリンク。蜂蜜を中心とした上品な甘み、また爽やかな酸味が人気。

オルガニック

防腐剤、化学添加物を一切含まない100%ナチュラルなオーガニックドリンク。天然カフェインのガラナが安全に脳を活性化させます。

ハッコ

ノンカフェイン。サッパリとしたグレープフルーツ味の微炭酸飲料。塩糀、食物繊維、ビタミンA、B1、B6、B12、D3、葉酸等、豊富な栄養素を配合している。

シャーク

天然有機カフェインであるガラナエキス配合のエナジードリンク。ヨーロッパを中心に世界中で人気。

 

pagetop