効果・効能

栄養ドリンク、エナジードリンクが効能をもたらすメカニズムについて、眠気解消効果、疲労回復効果、精力増強効果に分けて解説します。

眠気解消のメカニズム

こらから哲也で残業。あるいは、明日テストで今日徹夜。そんなときに、まるで儀式のように口にするコーヒー。

誰でも知るところですが、コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります。そして、エナジードリンクが覚醒作用を持つのも、そこにカフェインが含まれているから。

そもそも「眠い」という現象は、脳内において「アデノシン」という物質が分泌されるから。このアデノシンがGABA作動性神経を経由して脳の活動を停止させる方向へ働かせるために、「眠い」という症状に至ります。

また、このアデノシンは視床下部にあるノンレム睡眠をつかさどる部分に働きかけて、「眠い」という信号を発するよう促しています。

要するに、眠気の犯人は、このアデノシンなのです。

そして、カフェインには、アデノシンの働きを邪魔する作用があります。アデノシンが働けなくなれば、「眠い」という現象は起こりません。そのためカフェインには眠気解消作用があるのです。

徹夜前の一杯のコーヒーは、儀式ではなく、きちんと脳科学的に証明される根拠に基づいた、眠気解消のための行動なのです。

疲労回復のメカニズム

エナジードリンクを摂取したときに感じられる疲労回復感。この疲労回復を促す代表的な成分としては、カフェインとタウリンがあります。

結論から言うと、これら2つの成分に、身体の疲労回復作用がありません。いや、ないとは断言できませんが、多くの研究者は懐疑的な見方をしています。

カフェインには覚醒作用があることを説明しましたが、覚醒とは、いわば脳の疲労を忘れさせている状態。一種の麻痺のような感じで、脳の疲労感を感じなくなっているため、疲労が回復したと誤解しているだけになります。

また、タウリン。肝機能の回復効果や血圧の低下作用など、さまざまな効果が実証されていますが、実は、一方で疲労回復効果の存在はまだ証明されていません。多くの研究者は、タウリンの疲労回復効果について懐疑的です。

精力増強のメカニズム

エナジードリンクに含まれる代表的な成分のうち、精力増強作用を持つとして知られるのがアルギニン。

アルギニンには、男性ホルモンの分泌を促す作用があります。男性ホルモンの「男性」とは名称だけの話で、実際には女性にも男性ホルモンは分泌されています。

人間の精力の強弱は、この男性ホルモンが大方を支配しています。男性ホルモンの分泌量の多寡が、性別の男女を問わず、精力の強弱へとつながります。

よって、男性ホルモンの分泌を促進するアルギニンには、精力増強の作用があると言われているのです。

 
pagetop